福ちゃん&貝ちゃん~夢のために楽しく生きようよ~

ブログの説明などは、自己紹介に書いてあるので宜しくお願いします。このブログはゆるい感じで書いていきます。不愉快に感じてしまった方飛ばして下さい。基本書きたいことを書いていきます。

ある日の病院

ハイ~旦那の(福ちゃん)です(*'ω'*)

いつも多くのみんなが読んでくれてほんとありがとうごうざいます。感謝しています。しあわせを運ぶ福です。みなさんは健康ですか

健康が一番大切だね。今日はある日、病院に行った時の出来事のお話です。

 

ある日の病院で

f:id:fukukai36:20190817204428j:plain

わたしは毎月糖尿病の件で病院に行く。ホントはヘルパーさんを頼んで同行支援をお願いしたいのだが、生憎いっぱい。家の近くのバス停から病院前までの直通がある。

 

時間さえまちがえなければ、乗っているだけでつく。なんて便利()だから一人で行くこともある。不思議なことに一人で行くと事件が起きる。

 

診察が終わって

この日もヘルパーさんが捕まらず、一人で病院へと行った。ヘイシリと歩行者ナビを頼りにわたしは、元気よくでかけた。

 

行きは良い良い、帰りはコワイとは、よくいったものだ。その通り行きは全く問題なかった。無事に診察も終え、帰りを急ぐ。

 

我が家のルール

視覚障害者のわたしだけに、待っている妻は不案をいつも抱えている。と、同時になにか期待感も最近は感じる。()とは、言ってもやはり心配には違いない。

 

そこでルールが設けられた。行き先に着いたとき、帰るときは必ず電話をする。まあー当然だ。その日も、終わったから帰るね。バスの時間まだ、わかんないけどわかったらまた、連絡する。

 

あっ!もう・・

電話を切った。そして、バスの時間を聞くために受付へと足を運ぶ。なんでこんなにいつも病院は混んでいるのだろう。声からして先には多くの人が並んでいる。

 

しばらくしてやっとわたしの番。受付の人は、白杖の私に気付き、近くに来てくれた。お待たせしました。どうしましたか丁寧な対応だ。

 

私はバスで帰るので、バスの時間を教えて下さい。女性の職員が時間を調べている。突然、あっ!!もう・・丁度時間です。

 

急いで、あれあれって。おいそのアレが見えませんけど・・・()わからずバス停の方へ感覚で走る。

 

慌てると人間って

f:id:fukukai36:20190817204914p:plain

わたしは急ぎ足で向かったが、慌てていたため方向感覚を失った。

女性の職員も視覚障害というのを忘れ普通に話した。当然わたしは糸が切れた凧のように病院の中をさまよった。

 

しかっりしろ!お前といいながら俺自身を笑った。まあ当然、バスに乗り遅れた。

そして妻に電話。あんた面白いねと、電話越しで笑っている。次のバスは1時間後ね。それまで寝てるよ。

 

また?もうなんで

ヘイシリ、40分後にアラームとセットをし、音楽を聞きながら眠りについた。

院内は冷房が効いており、5月には暑い日、この日にはちょうどいい。きっとグーグーといびきをたてながら深い眠りについていた。

 

突然アラームがピーピーと鳴った。あっ時間だ行かないと。アレなんかおかしい。ちょっと違和感。

 

実は・・・

バス停に人の気配がない。近くの人に聞いたら、行っちゃいましたね。慌てて時間を尋ねた。

 

バスが行って5分が経っていた。アラームはなんと、スムーズだった()えっ、また・・・さすがにアホだ。

 

アホだね。呆れられた

妻になんと言い訳を・・・たりない頭で考えたが浮かんでこない。とにかく事実を報告した。もう、妻は呆れかえっていた。

 

そこで泊まってこいと・・さすがに俺もこれにはヤバイ。今度は暑い中、バス停のベンチで待った。どんだけアホな俺だ()

 

<ここまで読んで頂きありがとうございます。あなたにしあわせが訪れます。そして私たち夫婦・家族も幸せです。息子もしわせわだ>

 

皆さんの応援が励みになります(⋈◍>◡<◍)。✧♡

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村